読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

環境・エコ日記

環境問題や身近なエコに関する情報をお届けいたします。

電力自由化に向け、様々な企業がお得なプランを検討中

今年2016年4月にはじまる「電力小売完全自由化」により、様々な企業が電力事業に参入し、一般家庭に向けた電力の販売を行うようになります。

これまで日本では基本的に1つの地域を1つの電力会社が管轄するという体制を取ってきたため、一般家庭に向けた電力の販売については、電力会社の間での競争はなかったと言えます。

しかしながら、2016年4月以降は電力会社の数が大幅に増え、消費者はその中から魅力的な会社を選んで契約をすることができるようになるため、各電力会社は生き残りのために魅力的なプランを提示する必要があります。

実際に、現在、様々な電力会社が新たなプランの検討を行っています。

 

興味深いのは、これまで電力の小売り以外の事業で活躍してきた会社が、

これまでのサービスを活かして面白い電力プランを提供しようとしている点です。

例えばある鉄道会社は電力小売り販売用の子会社を設立して、

そこで電力を買うと定期券がお得になるサービスを検討中とのことです。

 

これからどんなプランが出てくるのか、目が離せません。