読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

環境・エコ日記

環境問題や身近なエコに関する情報をお届けいたします。

グリーンリースと電力事業

グリーンリースとは

グリーンリースとは、環境に優しい建築物を実現するために必要な、オーナーとテナントが協力して責任と義務をは果たす賃貸借約款です。通常、グリーンビルディン化によりオーナーとテナントの双方に経済メリットを出すことは難しいです。例えば建物を省エネ化しても、電気代を支払っているテナントの電気代が削減できる飲みにで、オーナーには直接的にメリットが出ません。(不動産の価値を高める側面はありますが)

 

 

電力事業への展開

グリーンリースモデルの場合、省エネによる費用削減がビルオーナーにも還元されるため、積極的に設備投資を実施するケースも増えていくと想定されます。そこに新電力事業に関心のある層を組み込み、契約の切り替えと併せて、省エネや社内の環境改善を実施するような環境コンサル・ビジネスが生まれる可能性が期待できます。

 

このようなポテンシャルを持つグリーンリースですが、現在はJ-REITの大和証券オフィス投資法人や、日本リテールファンド投資法人などが一部で実施するのみです。まだまだ普及には至っていませんが、2016年から制度も構築されていき、普及が加速していくと見込まれています。